二日酔いしない身体に戻った!予防と薬・サプリで肝臓復活

二日酔いがつらい、翌朝お酒が残ってしまう、お酒に弱い、お酒は好きなのに翌日の体調が絶不調、肝臓の数値が…飲み過ぎ?歳のせい?と思う前にしっかりとした予防対策の知識とお薬・サプリでお酒を楽しめるようになりましょうよ!

カテゴリー:基礎知識

スポンサードリンク

2016年10月31日

市販薬は肝臓に悪い?特に気を付けるべき薬はコレ!

dame.jpg
http://r-yakuzaishi.net/


風邪を引いた時に風邪薬を飲む、頭が痛い時に頭痛薬を飲むなど私たちは市販薬を当たり前のように飲む傾向があります。

特に自分の場合は、お酒を飲んだ時頭痛がする確率が高いので頭痛薬は重宝しています。しかも呑んだ時の予防で飲んだりもしています。ロキソニンの肝臓への負担は以前も記事にして、自分程度の使用量ならまだ負担は少ないことがわかりましたが、別の市販薬はどうなのでしょうか?


薬が肝臓を傷つける原因には2つありまして、ひとつは薬そのものの成分が強すぎることから、肝臓を直接傷つけてしまう場合。もう一つは、その薬に対してアレルギー反応が起こり、間接的に肝臓を傷つけてしまう場合です。

薬の成分は吸収されることで効果を発揮し、それを肝臓が分解することによって、身体への影響がない状態にされ、体外に排出されます。
薬はどんなものであれ、肝臓に多少ながらも負担がかかっていることは認識しておくことは必要です。


特に肝臓に負担がかかりやすい市販薬とその理由

それは、水虫薬抗生物質です。

水虫薬と抗生物質は基本的に体内にある細菌を殺す作用がメインの薬です。つまり、強力な作用があります。カビや細菌も生物ですので、その生物が死んでしまうほどの強い薬が、生身の人間に全く影響がないはずがありません。

特に水虫の飲み薬は、ある程度の期間飲み続けることが多いと思いますので、慎重な使用をおすすめします。

あとは意外と盲点なのが、健康食品漢方薬です。

これらは長期に渡って飲むことが多いので、知らず知らずの内に肝臓に負担をかけていることが起こりえます。
特に漢方薬は、意外に成分が強いものが多いので、飲めば安心、健康が約束されていると考えるのは間違いです。

posted by beetle at 11:31 | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便秘の時にイライラする、ぼんやりする人は肝臓が悪いサイン

bennasi.jpg


一般的には3日以上便通がないことを便秘と呼びます。
人は便秘状態に陥ると大腸に溜まった便が、腸内細菌によって発酵され、アンモニアを含む毒ガスを発生させます。

肝臓が弱っていて肝機能が上手く働いていない人の場合は、肝臓がその有害である毒素を分解しきることができません。こららの有害物質は分解されずに有害なまま血液中に流れ、身体を巡ることになります。
血液中の有害物質が脳で吸収されると、症状として、

  • イライラする
  • ぼんやりする

といった中毒症状が現れます。

さらに進むと、昏睡状態に陥ってしまう肝性脳症を発症する恐れもあります。

肝臓病の方、もしくは肝臓が弱っているなと感じている方は、3日以上便通がなければ、下剤を飲む、医師に相談するといった対応をすることを強く勧めます。

便秘のせいで明らかに体調が悪くなっていると感じたり、イライラ、ぼんやりが続き精神的にも変だなと思う事があったら、それは肝機能が低下しているサインだと考えても良いかもしれません。


便秘の解消法

1.排便のリズムを整えることを意識的に行う。

起床時に便がしたくなる、食後に便意があるなど人によって様々ですが、排便にはリズムがあります。自分のパターンを見つけ出し、それを崩さないことが適切な快便に繋がります。


2.食物繊維を多く摂る

食物繊維は消化・吸収されること無く大腸にまで送られ、水分を含むことで便の量を増やし排便をスムーズにさせます。また、腸壁に付いた宿便も取り除く効果もあります。
食物繊維は野菜・豆・海藻・きのこ類に多く含まれており、こんにゃくや果物にも含まれていますので、意識的に摂るようにしましょう。


3.適度な運動をする

中々難しいと思われますが、身体をこまめに動かすことが、腸への刺激となって動きが活発になります。歩く時に普段より広めの歩幅で歩くだけでも、適度な運動になりますので、スポーツをすることなどが厳しい方は、ぜひともやってみてください。


4.お腹のマッサージをする

おへそ周りを右下から時計回りに、大きく円を描くようにさするだけでも違います。腸の運動が促され、便意が生じやすくなります。
マッサージの際には大腸の中を、老廃物が肛門に向かって流れるイメージを持つとより効果的です。
立った状態で正面を向いたまま、身体を左側に真横に傾ける動きをするだけでも、大腸に溜まった便が肛門に向かって絞られる動きになりますので、効果的です。


5.水分を多く摂る

便は溜まると腸内で水分がどんどん吸収されていきます。そのため、硬くなり滑りも悪くなり、さらに便通が悪くなるという悪循環に陥りがちです。日ごろから水分を多めに摂るよう心がけ、便が固くなるのを防ぐのも大切です。


便秘と肝臓(肝機能)との関連性は意外と知られていません。
便秘が原因で体調が悪くなることが多い方は、肝機能が落ちていることを教えてくれているサインと捉えるべきだと思います。
タグ:便秘 肝機能
posted by beetle at 10:00 | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

弱っている肝臓を修復させるのに必要な栄養素とその理由

kanzou.jpg
http://www.allgreen-onlinestore.com/?mode=f13

ダメージを受け弱っている肝臓を修復させるのに、必要な栄養素をおつまみとして食べることには意味があります。
多少ながらもマイナスをプラスにもっていく行為を同時に行うことが大切です。

おつまみを選ぶ際には、アルコールによって起こる肝機能の障害を防ぐ効果のあるものを選ぶのが大事です。
肝臓によいおつまみとは、ひとえに高タンパク、高ビタミンの食品です

その理由は、肝臓自体がタンパク質でできていることもありますが、アルコールを分解する酵素や、ウィルスを撃退する免疫物質など、肝臓の重要な働きを担っている物質もタンパク質でできているからです。

タンパク質を摂ると、肝臓の代謝が促進され、当然アルコールの分解もすすみます。休肝日を作ることができるのならば、その日にも積極的に高タンパク・高ビタミンの食品を食べることをおすすめします。


良質タンパク質って?

タンパク質は約20種類のアミノ酸で構成されています。その内の9種類は体内で作ることができない為、食品から体内に取り入れる必要があります。
この9種類を必須アミノ酸と呼びます。
そして、必須アミノ酸をたくさん含んだタンパク質が良質タンパク質と呼ばれるのです。

すると当然、良質タンパク質を多く含む食品って何なのさ?と思いますよね。
良質タンパク質を多く含む食品は、肉・魚・大豆製品になります。

その中でも大豆に代表される植物性タンパク質には肉や魚には少ない必須アミノ酸を多く含んでいるので、大豆製品である豆腐や豆乳が身体に良いと言われる理由でもあります。


高ビタミンが必要な理由

タンパク質と共に重要なのがビタミン類です。肝臓の主な働きである代謝には大量のビタミンが必要になるからです。
ビタミンは体内で作られる量がごく微量でしかなく、それだけでは一日に必要な量を全く満たすことができません。また多くのビタミンは身体で作ることができません。なので、必須アミノ酸と同様に食品から摂る必要があります。
その上、体内に長い間蓄えることができないビタミンが多く、定期的に補給する必要があるのも特徴です。


このように、タンパク質は肝臓そのもの、作用に直接関わる成分であり、ビタミンは肝臓が働くために必要なものとして、非常に重要です。

当然、飲酒時だけでなく、日常的にしっかりと補給していくことが大事ですが、飲酒時にはさらに肝臓に負担がかかっている状態ですので、さらに意識的に摂る必要がありますね。
posted by beetle at 15:00 | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

お酒では太らない、太る原因は締めのラーメンやつまみ、デザート

joaif.jpg
http://d.hatena.ne.jp/yk_ymmt/20120221/1329830503

お酒を飲んだ時に、締めにラーメンやお茶漬けなどを食べる人も多いのではないでしょうか?
塩分が欲くなる気持ちもわかりますが、実際の所、本当にお腹が減っていることも少なくありません。

相当飲んでお腹はガポガポ、お酒にもエネルギーがあるはずなのに何故お腹が減るのでしょうか?

アルコールに含まれるエネルギーは、すぐに筋肉などで消費されてしまい、熱となって逃げてしまうことが多い。これがその理由です。
アルコールのエネルギーは実は空っぽで、体内に残って蓄積される率は低く、お酒のカロリーを心配する必要はないのです。


飲んだ時にお腹がすく理由とラーメンが良くない理由

それどころか、飲んだ時にお腹がすくということは、エネルギー不足の現象です。アルコールを分解する為に肝臓がエネルギー不足に陥っており、炭水化物などに含まれるブドウ糖を欲しているサインなのです。だから、ごはんや麺類を食べたくなるんですね。
なので、締めに食べることは決して悪いことではありません。

ですが、問題は食べるモノにあります。
飲んだ後は味覚がマヒしていることもあり、味の濃いものやコッテリしたものを食べたくなります。
特に脂肪分が多く含まれたラーメンなどはよくないのです。
脂肪はアルコール分解のエネルギーにはならず、逆に肝臓に負担を与えてしまいます。
それどころか、余分な脂肪は体内に蓄積されてしまい、それは肥満や脂肪肝に繋がります。

飲んだ後に食べること自体は決して悪いことではありませんが、脂肪分が多い食べ物は悪いです。
ラーメンは美味しいですが、脂肪分が非常に多いため、締めのラーメンが良くないと言われる所以なのです。
posted by beetle at 21:49 | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

酒に強い弱いは肝臓の強さではなく、遺伝によるもの

twgrez.png
http://list25.com/25-crazy-drunk-animals/

お酒に強い弱いというタイプに別れてしまう理由について解説しています。

体質の違いに対する誤解として一つ目は「中枢神経の感受性の違い」について前回解説しましたが、
今回はその二つ目の理由について書きます。

お酒に強い人・弱い人がいる理由の二つ目は、「アセトアルデヒド脱水素酵素2を作る遺伝子が違う」ということです。つまり、お酒に強い、弱いは遺伝的な要素も高いということになります。

なんとなく、お酒に強い一家、一族ってある感じがしますし、家族全員が全く飲めないという家庭もある気がしますし、感覚的に理解できるのではないでしょうか?


アセトアルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)と呼ばれるこの酵素は、アルコールを分解する過程で働く酵素です。
全ての元凶であるアセトアルデヒドを何とか身体に害のない物質に変えてくれるありがたい酵素です。
ですが、このアセトアルデヒド脱水素酵素2。この酵素を作る遺伝子は2種類あるのですが、両親から一つづつ受け継がれるのです。
アセトアルデヒドを分解する能力が高いのがN型と呼ばれ、低いのがD型と呼ばれています。
つまり、人にはNN、ND(DN)、DDという3つのタイプがいることになります。

アセトアルデヒドの分解能力に優れた遺伝子を両方持つNNタイプの人はいわゆる「お酒に強い人」、
NDタイプは「そこそこ飲める人」、DDタイプは「ほとんど飲めない下戸」という訳です。

日本人におけるこのタイプの割合は、

NNタイプ 45%
NDタイプ 45%
DDタイプ 10%

と言われており、「飲んでもあんまり変わらない」というお酒に強い人と言うのは、4割ほどで、全く飲めない人も1割います。

ちなみに国別でDD、NDタイプの割合を見てみると、

スウェーデン  0
ドイツ        0
イスラエル   0
トルコ       0
ケニア      0
リベリア     0
スーダン    0
インド       5
マレーシア  6
タイ        10
フィリピン    13
中国       41
ネイティブアメリカン 0〜4

となっており、民族的に白人、黒人はアセトアルデヒドを分解する能力に優れ、ヨーロッパから東に向かうごとに段々と「飲めない人」が増えてきています。

欧米人はお酒に強いというイメージがありますが、これは体質というより、NNタイプしか存在していなく遺伝的要素によるものですね。ヨーロッパ、アフリカにはNNタイプしかいません。

ちなみに、飲み続ける事によってお酒に強くなることもあります。この詳細は過去の記事で解説しています。

→ お酒を飲めない人が飲んで鍛えて飲めるようになる理由と盲点


お酒に強い人が肝臓が強い訳ではない!

もうひとつ、気を付けるべき誤解があります。
それは「飲める人は肝臓が強い」という間違った認識です。アルコールが肝臓に与えるダメージとその耐性は飲める人も飲めない人もあまり変わりがありません。

強い人はアセトアルデヒドの影響を受けにくく、分解が早いという特徴はありますが、肝臓への負担は一緒です。むしろ、飲まない人よりも肝臓をフル稼働させており、肝臓への負担が高くなっていることを覚えておきましょう。
生まれつきの肝障害やウィルス性のものを除いて、肝障害になったり、肝硬変などの肝臓病になってしまうのは、お酒に強い人であることが多いことからも、肝臓に過信をせず休肝日を設けてあげることが、お酒を一生楽しむ秘訣になりますね。

posted by beetle at 13:00 | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
最近の記事
カテゴリ
検索
 
タグクラウド
1杯でしじみ70個分のちから 30代 ALDH2 Alp alt ast CM Got GPT LDH γ-GTP γグロブリン おしっこ おつまみ お酒 お酒が弱い お酒に弱くなった お酒に強くなる お酒の付き合い しじみ しじみ習慣 ちゃんぽん つまみ つらい なりやすい みそ汁 むくみ めぐり やらせ アセトアルデヒト アセトアルデヒド アセトアルデヒド脱水素酵素2 アボカド アミノ酸 アルコール アルコールを控える方法 アルコール処理能力 アルコール分解 アルコール分解酵素 アルコール性肝炎 アルコール性肝線維症 アルコール性肝障害 アルコール性脂肪肝 アルコール濃度 アンモニア解毒 アーモンド イノシトール ウコン エキスパート オルニチン カクテル カテコールアミン カフェイン カルシウム ケトン体 ケーキ コーヒー コールドプレスジュース サプリメント ストレス発散 スプライト スルフォラファン タンパク質 タンパク質不足 ダイエット チゲ鍋 チトクロムP450 チーズ ナイアシン ハーブティ ビタミンB群 ビタミンC ビタミンE ビタミンU ビタミン様物質 ピクリン酸 フライドポテト フーゼル油 ベータカロテン ペクチン ポテトチップス マグネシウム ミクロソームエタノール酸化酵素 メチオニン モデル ラーメン レモングラス ロキソニン 予防 事実 二日酔い 二日酔いなし 二日酔いにならない適量 二日酔いを防ぐ方法 二日酔い予防 二日酔い予防・解消 二日酔い解消 二日酔い防止 亜鉛 仕事の付き合い 休肝日 体調不良 作用 価格 便秘 保護 信用できる 倦怠感 健康 健康維持・若返り 健康食品 働き 冷え性 初期症状 副作用 加齢臭 助成金 効く 効果 効果なし 半身浴 原因 吐き気 回復力 基準値 夜のお付き合い 太る 太る原因 女性 嬉しい 守る 尿 市販薬 役者 心配 忘年会 恐怖症 悪循環 悪酔い 成長ホルモン 我慢 抗生物質 抗酸化 接待 昼寝 最安値 朝食 期待 梅割り 楽天 水分 水虫薬 汗をかく 治す 漢方薬 炭水化物 焼酎 牛乳 牡蠣 理由 異常 疲労回復 疲労感 睡眠不足 禁煙 禁酒 禁酒なし 空腹で飲むデメリット 突っ込みどころ 精力 総ビリルビン 締めのラーメン 美容 美容に悪い 翌朝 翌朝スッキリ 肝機能 肝機能改善 肝脂肪 肝臓 肝臓からくる異常のサイン 肝臓に良い果物 肝臓の修復・保護 肝臓の数値 肝臓保護 肝臓復活 肝臓病 脂肪肝 脱水 自然食研 血中アルコール濃度 補修 要注意 解毒 解消 購入 赤ワイン 迎え酒 送料無料 通販 運動 過酸化脂質 遺伝 避けられないお酒 防止 青汁 頭痛 頭痛薬 風邪 食べながら飲むメリット 食道がん 飲む前 飲んだ後 飲酒 飲酒検問 高タンパク 高ビタミン 黄疸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。