二日酔いしない身体に戻った!予防と薬・サプリで肝臓復活

二日酔いがつらい、翌朝お酒が残ってしまう、お酒に弱い、お酒は好きなのに翌日の体調が絶不調、肝臓の数値が…飲み過ぎ?歳のせい?と思う前にしっかりとした予防対策の知識とお薬・サプリでお酒を楽しめるようになりましょうよ!

カテゴリー:女性の二日酔い

スポンサードリンク

2016年10月29日

飲んだ時に食べるケーキが良くない理由

cake.jpg
http://mulpix.com/post/1021805431090867177.html

男性の場合は飲んだ後に食べるラーメンは悪いことは説明しましたが、女性の場合は、飲んだ時に甘いものを食べる傾向が強いですよね。
ですが、これはあまりおススメできません。
特にケーキなどは太る原因になります。

理由は男性の場合と同様なのですが、それに含まれる脂肪分が多すぎるからです

ケーキには生クリームやバター等がふんだんに使われています。これが良くないのです。


日本料理の場合では、料理を楽しむ為にお酒を飲むということは当たり前ですが、食事の最後に出てくるのは決まって、果物かくずりきといったエネルギーが低いものですよね。
炭水化物自体は悪いものではありませんが、大抵の場合、それに伴って、大量の脂肪が含まれている甘味が多いのが現実です。ケーキがその最たる例ですね。

そういう意味でも、おつまみに脂質の多いものを摂ることは身体や肝臓には良くありません。確かに、脂質という栄養素は身体にとって必要なものではあります。その理由は、単なるエネルギー源としてだけでなく、ビタミンAやビタミンEなど脂質に溶けやすいビタミン類の吸収を高めたり、それが代謝されるのを助けたりします
ですが、基本的に甘味やおつまみに含まれる脂質はそれ以上であることが多いのです。

そもそも脂質はエネルギー量が多く、摂り過ぎの傾向があるのはご存知だとは思います。お酒を飲んでいると、アルコールが胃液の分泌を促すため、食欲も増進します。
そのせいもあって、飲んだ時にはついつい脂肪を摂りがちです。

アルコールが太る原因にはなりませんが、それに伴って食べてしまうものが太る原因なので、男性・女性問わず、おつまみには気を配ることが大事ですね。
posted by beetle at 22:14 | 女性の二日酔い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

お酒が美容に悪い理由!アルコール摂取で乾燥肌が悪化?


冷え性に悩む女性が二日酔いしやすい理由に続き、今回は女性が気になるお酒と美容の悪い関係とその理由について説明します。
女性 美容
特に、乾燥肌の女性は更に悪化してしまう可能性があります。
決して酔っ払って、メイクを落とさないから…という内容ではありませんので、あしからず…^^;

しかし、安心してください。これら一連の記事は「お酒は悪いから止めよう」と言っているのではなく、美味しいお酒と上手く付き合っていくためにも、アルコールのデメリットもしっかりと理解していこうというものです。



アルコール分解には大量の水分が必要


二日酔い・悪酔いを防ぐためにもアルコールはどんどん分解していかなければなりません。以前にも解説していますが、アルコールを分解するためには大量の水分が必要になります。

「お酒で水分を沢山摂っているじゃん!」と思われるかもしれませんが、アルコールを含んでいる水分はアルコールを分解させる水分にはなりません。
それどころか、この水分はできるだけ早く体外へ排出させないとむくみの原因となるだけです。

つまり悪酔い・二日酔いを防ぐには、新しい水分のみを別でどんどん追加していく必要がある訳です

これは西洋に多くみられる飲み方ですが、夜のお酒に関わわるお仕事をされている女性の多くも「チェイサー」と呼ばれる水だけのグラスをお酒と一緒に置いて、交互に飲んでいるのを御存知ですか?

これは単に「酔っ払いたくない(お酒を呑んでいるフリをしている 笑)」訳ではなく、悪酔い・二日酔い防止対策と美容のためにやっている事なのです。


酔っ払うことは基本的に脱水症状状態

身体の脱水症状は意外に本人は気づかないものです。体調が悪化して初めてその原因が脱水症状だったと気づく方も多いものです。

お年寄りが脱水症状で急に体調が悪くなったり、真夏に急に脱水症状を含む熱中症で倒れたり、二日酔いの程度が最悪な方はほぼ脱水状態・水分不足が関係しています

特に飲酒時はアルコールを含んだ水分を飲んでいるわけですから、自分が脱水状態であることに全く気づいていない方がほとんどです。
これを読まれているあなたも、初めて知ったかも知れませんね。


水分不足になると…

身体はまず、体内にあるできるだけキレイな水分を集めようとします。スキンケアにとって保湿は一番大切なことだと思いますが、これらにまわるはずの水分は当然後回しになります。

更に水分不足が進むと、身体はお肌に含まれている水分から補給しようとします。

お肌からキレイな水分を奪い、代わりに処理しきれない汚れた水分を置いていきます。浸透圧の関係でこの汚れた水分はお肌の内側に溶け込まず(溶け込んだら逆に悪いので、肌の防御作用ですね)、むくみとなって残ります。
最悪ですよね。

乾燥肌の方は、内的要因・外的要因あると思いますが、その原因をさらに増やしている状態であると言えるのです。

いくらプラセンタやコラーゲン、保湿に力をいれて普段から色々と行っていたとしても、一撃でその努力が無意味になってしまうくらいのダメージをお肌に自ら与えていることになります。


で、対策は?

すぐに出来て、効果的な対策は先程も出てきた「チェイサー」です。女性 お酒
試してみるとすぐにわかると思いますが、かなり効果的です。
これは決してアルコールを薄めている訳ではないことがよく解ると思います。

でも、飲み方にコツはありますよ!

グラス1杯のアルコールを飲んだら、チェイサーをできれば同量、周りの雰囲気でできなそうなら(笑)半分程度をまとめて飲むことです。
そして、おしっこは尿意があったら我慢せず、すぐにした方が良いです。

あと、できるなら呑んだ後はむくみの心配はせず、大量の水分を摂ることを心がけた方がよいでしょう。
むくみの原因はこの時に摂る水分が原因ではありません。
しかし、水分とはジュースではなく、真水かスポーツドリンクのことを指しています。

これだけで、二日酔い・悪酔いが驚くほどなくなります。
それだけでなく、お酒が原因のお肌トラブルも気にしなくて済むようになります。


次回はお酒と美容に相性の良いおつまみを紹介しますね。
posted by beetle at 19:55 | 女性の二日酔い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

二日酔いつらい女性は冷え性が原因?


今回は冷え性と二日酔い・悪酔いの関係について解説します。
前回はダイエットとの関係性を解説しましたが、女性にありがちな体質である「冷え性」もアルコール分解や悪酔いと深く関わっています

なんと60%以上の女性が「自分は冷え性である」という自覚があるそうです。あなたはどうでしょうか?冷え性と二日酔い
低体温と血行がアルコール分解に関係があるのは明らかですね。


アルコールは体温を低下させる

“酒は百薬の長”で「飲むと血行が良くなり健康に良い」と言われますが、これってあっているようで間違っています。

というのは日本酒をおちょこ1杯だとか、ビールを1杯だとか…そういうレベルなら確かに薬にもなり得ますが、酔っ払う程呑んだ場合はアルコールは基本的に毒です。

アルコールにより血管が拡張されると、確かに血行は良くなりますが、そのために急激に熱が放出され体温が低下します。
そして、アルコールにより体温を調節する脳の働きが麻痺し、体温の低下を防ぐことができなくなっているというのも原因です。

冷え性の方は血行が悪い為に末端が冷えるわけですが、お酒によりたとえ血行が良くなっても、それ以上の熱が体内から放出されているので、かえって“冷え”がひどく感じられませんか?
それもそのはず、アルコールによる血管の拡張は末端ではなく、心臓に近い部分で主に起きるからです。

体温が低くなると…

“平熱が高い人は病気にならない”と言いますが、体温が高いと内蔵の働きが活発になり、身体の老廃物や毒、がん細胞などは排出・解毒・死滅する確率が格段に違うと言われています。
この全てに関わっているには肝臓ですね。

体温が低くなるとまず、内臓の働きが悪くなります。
特に飲酒時は肝臓がフル回転しなければならない状態であるはずなのに、その働きが鈍くなってしまうのです。
アルコール分解が遅くなるだけでなく、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドも分解されずに体中を巡り続けます。

冷え性の方はただでさえ低体温である訳ですから、人よりも二日酔いがツライのは当たり前といえば当たり前の話なのです。


水毒症と二日酔い

身体が冷えることにより、内臓の代謝が落ちる
のですが、その一番の弊害は水分が体外へ排出されないまま、身体に残ってしまうことです。
悪い水分が身体にたまった状態を水毒と言い、この一番の症例はむくみです。

二日酔いの症状といえば、むくみ、頭痛、吐き気、下痢(腹痛)ですが、これは水毒症の症状と合致しています。
と言うことは、ひどい二日酔いとはアセトアルデヒドが分解処理しきれない状態と、悪い水分がきちんと排出されないおしっこの我慢や体温の低下による内臓の代謝が悪くなるのが原因)為に起こるダブルパンチを浴びた状態と言えるのです。

冷え性の方が二日酔いになり易いのは、生理学的にも医学的にも当然と言えますね。

冷え性でむくみがちな方!
むくみのために水を控える方も多いのですが、これは間違っています。お酒を飲まれる方は特にそうです。
排出されるべき水分が排出されないのがむくみの原因であり、新しい水分を摂らず、汚れた水分を使いまわす・貯めこむのが一番最悪です。

このタイプの方は、まずお風呂などで身体を温め、水分もたくさん摂り、身体の水分や血液を回すことが重要です。
試しに半身浴や足浴ではなく、長めのお風呂にゆっくり使ってみるのが良いと思います。


次回はアルコールによる水分不足が原因で起こる美容への害についてご説明しますね。
女性が一番気になる部分なのではないでしょうか?

posted by beetle at 22:36 | 女性の二日酔い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

アルコールとの相性最悪!危険な炭水化物ダイエットの実態


前回より女性に多い二日酔い・悪酔いの原因をダイエットから考察していますが、今回はその中でも炭水化物不足が引き起こすアルコール分解の弊害、肝臓への超負担、王道と言われる炭水化物ダイエットの危険性を解説していきます。ダイエット

知らないで実践していたら本当に危険ですよ。というか、炭水化物ダイエットが成功しているならお酒どころではないはずです!


炭水化物ダイエットの原理とは?

炭水化物は生きていく上で絶対的に必要なエネルギー源です。ご飯やパン、トウモロコシなど世界中で主食として常に食べられていることからも、一番大事な栄養素だということは感覚的に理解できるはずです。

炭水化物ダイエットとは炭水化物を抑えて、身体の余った脂肪をその代替エネルギーとして燃やそうというダイエットです。これは一見、理にかなったダイエット法に思えますが、実は危険です。

脂肪が代替エネルギーとして利用されるのは一番最後、つまりは死の危険を脳が察知するくらいエネルギー源が枯渇した状態で始めて、脂肪はエネルギーとして分解され始めるのが人体の仕組みだからです。


エネルギー源であるブドウ糖と脳の関係

エネルギーは脳と筋肉運動に使われます。炭水化物のブドウ糖が人間のエネルギー源であり、これを使って人は生きているのです。

筋肉はブドウ糖が不足するとアミノ酸からもエネルギーを作る機能があります。しかし、これもダイエットによりタンパク質不足に陥っていると働きが悪くなりますが…。
それに対して脳はアミノ酸をエネルギーに変えられません。ブドウ糖がなくなるとまずは、肝臓に貯蔵されているグリコーゲンを分解して使用します。肝臓のグリコーゲンは炭水化物不足の状態から13時間持つそうです。

まずは肝臓のグリコーゲンが使用されることにより、当然肝臓機能は低下しますアルコール分解もできなくなります


肝臓のグリコーゲンがなくなると…

いよいよ、脳は危機的状況を察知しブドウ糖以外のエネルギー源を作り出します。皮下脂肪を分解し、弱っている肝臓でケトン体という物質を作るのです。ケトン体は血液で脳に運ばれ、脳はケトン体を分解してエネルギーとします。

炭水化物ダイエットはこのケトン体を生成させる状態まで身体を炭水化物不足にし、肝臓に更なる負担をかけ、脂肪を分解させてケトン体を作り出そうというダイエットです。

肝臓へのダメージも大きく、お酒なんか飲んではいけない状態であると言えますね。


ケトン体生成の副作用

肝臓が脂肪からケトン体を作り出す際に、絶対に酢酸という副産物ができてしまいます。

この酢酸は強烈な酸性で、酢酸は血液に溶け込み全身に巡ります。血液が強い酸性になることのでの諸症状・デメリットは体がすごくだるくなる、吐き気をもよおす、腹痛が起こる ということです。

コレって、まさに二日酔いの症状ですよね?女性の二日酔いで吐き気が多いのには、この副作用が深く関係していると言えます。


二日酔い・悪酔いに影響のないダイエットって?

効率よく美容と健康を意識したダイエットをするなら、カロリーを抑えながらもブドウ糖・タンパク質を補給できる酵素系ダイエットがベストと言えます。

現在のダイエットを変えたくない、どうしてもダイエット薬を使用したいのなら、肝臓ケアも強く意識していった方が良いと思います。お酒も楽しみたい方もそうですね。


次回は冷え性と二日酔い・悪酔いとの関係を解説していきます。

posted by beetle at 16:54 | 女性の二日酔い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

【女性の悪酔い】そのダイエットが二日酔いを悪化させる理由とは?


ダイエットが二日酔い・悪酔いを悪化させているのを御存知ですか?
woman_surprise.png
現在日本では、80%以上女性が何らかのダイエットをしている、減量を意識した生活を送っているというデータもあります。
元々女性は男性よりも二日酔いし易い体質ですが、ダイエットが肝臓を痛め、肝機能を低下させているために二日酔いし易くなっている女性も多いです。

今回は、おしっこの我慢と共に女性特有の原因であるダイエットによる二日酔いを解説していきます。


ダイエット薬は一番肝臓に悪い


手軽なダイエットとしてダイエット薬を利用している女性もおられるようです。

特に健康な若い女性に多いようですね。「多少身体に負担がかかっても痩せられるなら…」という気持ちも分かります。

しかし、どんな薬であれ、肝臓を通過することにより薬としての効果を発揮します。そして、その度に肝臓はダメージを受けています。
つまり薬の効果とは肝細胞の死と引き換えに現れるものなのです。

飲酒による「酔っ払う」という効果も肝臓を通して現れます。薬とアルコールのダブルパンチを肝臓に浴びせているのです。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるくらい、弱っているのに気づかない臓器です。つまり痛いという症状が出ないのです。
ダイエット薬を使用している方で、最近悪酔い・二日酔いがひどいな…と感じているなら、そのダイエット薬(もしくは常用薬)が原因で、身体が出している肝臓の悲鳴サインである可能性が高いです。

使用を止めるのが一番ですが、そう出来ない事情もあるのでしょうから、キチンとした肝臓ケアも併せてやっておくことを強くおすすめします。


食事制限によりアルコール分解が上手くできない

体内に摂り入れるカロリーを抑えることがダイエットの基本ですが、炭水化物・タンパク質不足が悪酔い・二日酔いの原因になっている場合も多いです。アルコールがちゃんと分解されないからです。

まずはタンパク質不足ですが、アルコール分解酵素を含む身体の様々な機能を司る酵素は全てアミノ酸でできています。タンパク質はアミノ酸で構成されているので、人はアミノ酸を補給するためにもタンパク質を食べる必要があるのです。

ダイエットによりタンパク質不足になると、当然体中の酵素が生産されなくなり、体調不良になります。ましてアルコール分解酵素は身体にとって最重要の酵素ではありませんので、生成はかなり後回しになります。


なるべく簡潔に読みやすい記事を載せることを心がけておりますが、正しい情報をキチンとお伝えしようとすると、どうしても長くなってしまいますね^^;
次回は実践者が一番多いと言われる炭水化物ダイエットの超危険性!炭水化物不足による二日酔いを解説していきますね。

posted by beetle at 13:23 | 女性の二日酔い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
最近の記事
カテゴリ
検索
 
タグクラウド
1杯でしじみ70個分のちから 30代 ALDH2 Alp alt ast CM Got GPT LDH γ-GTP γグロブリン おしっこ おつまみ お酒 お酒が弱い お酒に弱くなった お酒に強くなる お酒の付き合い しじみ しじみ習慣 ちゃんぽん つまみ つらい なりやすい みそ汁 むくみ めぐり やらせ アセトアルデヒト アセトアルデヒド アセトアルデヒド脱水素酵素2 アボカド アミノ酸 アルコール アルコールを控える方法 アルコール処理能力 アルコール分解 アルコール分解酵素 アルコール性肝炎 アルコール性肝線維症 アルコール性肝障害 アルコール性脂肪肝 アルコール濃度 アンモニア解毒 アーモンド イノシトール ウコン エキスパート オルニチン カクテル カテコールアミン カフェイン カルシウム ケトン体 ケーキ コーヒー コールドプレスジュース サプリメント ストレス発散 スプライト スルフォラファン タンパク質 タンパク質不足 ダイエット チゲ鍋 チトクロムP450 チーズ ナイアシン ハーブティ ビタミンB群 ビタミンC ビタミンE ビタミンU ビタミン様物質 ピクリン酸 フライドポテト フーゼル油 ベータカロテン ペクチン ポテトチップス マグネシウム ミクロソームエタノール酸化酵素 メチオニン モデル ラーメン レモングラス ロキソニン 予防 事実 二日酔い 二日酔いなし 二日酔いにならない適量 二日酔いを防ぐ方法 二日酔い予防 二日酔い予防・解消 二日酔い解消 二日酔い防止 亜鉛 仕事の付き合い 休肝日 体調不良 作用 価格 便秘 保護 信用できる 倦怠感 健康 健康維持・若返り 健康食品 働き 冷え性 初期症状 副作用 加齢臭 助成金 効く 効果 効果なし 半身浴 原因 吐き気 回復力 基準値 夜のお付き合い 太る 太る原因 女性 嬉しい 守る 尿 市販薬 役者 心配 忘年会 恐怖症 悪循環 悪酔い 成長ホルモン 我慢 抗生物質 抗酸化 接待 昼寝 最安値 朝食 期待 梅割り 楽天 水分 水虫薬 汗をかく 治す 漢方薬 炭水化物 焼酎 牛乳 牡蠣 理由 異常 疲労回復 疲労感 睡眠不足 禁煙 禁酒 禁酒なし 空腹で飲むデメリット 突っ込みどころ 精力 総ビリルビン 締めのラーメン 美容 美容に悪い 翌朝 翌朝スッキリ 肝機能 肝機能改善 肝脂肪 肝臓 肝臓からくる異常のサイン 肝臓に良い果物 肝臓の修復・保護 肝臓の数値 肝臓保護 肝臓復活 肝臓病 脂肪肝 脱水 自然食研 血中アルコール濃度 補修 要注意 解毒 解消 購入 赤ワイン 迎え酒 送料無料 通販 運動 過酸化脂質 遺伝 避けられないお酒 防止 青汁 頭痛 頭痛薬 風邪 食べながら飲むメリット 食道がん 飲む前 飲んだ後 飲酒 飲酒検問 高タンパク 高ビタミン 黄疸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。