二日酔いしない身体に戻った!予防と薬・サプリで肝臓復活

二日酔いがつらい、翌朝お酒が残ってしまう、お酒に弱い、お酒は好きなのに翌日の体調が絶不調、肝臓の数値が…飲み過ぎ?歳のせい?と思う前にしっかりとした予防対策の知識とお薬・サプリでお酒を楽しめるようになりましょうよ!

スポンサードリンク

2016年10月30日

【お酒の種類別】肝臓をいたわりながら、旨さを損なわないおつまみ


おつまみは種類によってはアルコールの分解を促し二日酔い防止になるだけでなく、さらにお酒を美味しくするものです。

どうせなら、お酒の味を美味しく引き立てて、かつ、おつまみ自体がおいしいものが良いのは当たり前ですよね?

そこで今回はお酒の種類別に相性が良く、肝臓をいたわるおつまみを紹介します。


ビール

飲みくちが軽いビールは、油や塩分が含まれているつまみの方が美味しく感じます。

  • ハム
  • チーズ
  • ナッツ類
  • クラッカー

などがおススメですが、ビールの場合はホップの作用で消化力が高まっています。ついつい食べすぎてしまうので注意が必要ですね。
特に塩分が多いので、むくみやすいです。


日本酒

日本酒は飲みくちとコクを楽しむ人が多いと思いますので、おつまみは極力さっぱりとしたものをおすすめします。
その中でもタンパク質を多く含むのは

  • 刺し身
  • 魚の煮物
  • 干物
  • 豆腐・納豆

などが、お酒の味を引き立てると思います。
実は日本酒には塩辛いものが合うのですが、旨い酒を飲み続ける為にも塩分はできるだけ減らす努力をしましょう。
それに最適なのが、「だし」の力です。
だしには塩分の実感率を引き立てる上に、素材そのものの美味しさも際立たせる効果があります。
酢やかんきつ類なども、上手く使えば、素材の味を活かしつつ、お酒も美味しく感じるおつまみができます。


ワイン

ワインのつまみとして代表的なのがチーズですが、これはワインをさらに美味しくさせるだけでなく、高タンパクでもあり、良いおつまみだと思います。
高カロリーのものが多いのが残念ですが、モッツァレラチーズなどは高タンパク・低カロリーなので上手く使えれば最適です。
その他には、

  • 貝類
  • 生ハム

なども良いかと思います。赤は肉、白は魚と言われますが、肝臓をいたわる上でもどちらでも大丈夫です。


焼酎

度数の強い焼酎は、できるだけ割って飲みたいものです。梅干しが良いことは以前に伝えましたが、
アルコール度数の強いものは胃の粘膜を傷つけることも多いので、胃の粘膜を守るためにもタンパク質と脂質が多く含まれているのがおすすめです。

  • さつま揚げ
  • トンコツ

などが鹿児島でよく合わせて食べられるおつまみです。理にかなっていますが、脂質のとり過ぎには気をつけたいものですね。


続きを読む
posted by beetle at 21:47 | 二日酔い解消法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弱っている肝臓を修復させるのに必要な栄養素とその理由

kanzou.jpg
http://www.allgreen-onlinestore.com/?mode=f13

ダメージを受け弱っている肝臓を修復させるのに、必要な栄養素をおつまみとして食べることには意味があります。
多少ながらもマイナスをプラスにもっていく行為を同時に行うことが大切です。

おつまみを選ぶ際には、アルコールによって起こる肝機能の障害を防ぐ効果のあるものを選ぶのが大事です。
肝臓によいおつまみとは、ひとえに高タンパク、高ビタミンの食品です

その理由は、肝臓自体がタンパク質でできていることもありますが、アルコールを分解する酵素や、ウィルスを撃退する免疫物質など、肝臓の重要な働きを担っている物質もタンパク質でできているからです。

タンパク質を摂ると、肝臓の代謝が促進され、当然アルコールの分解もすすみます。休肝日を作ることができるのならば、その日にも積極的に高タンパク・高ビタミンの食品を食べることをおすすめします。


良質タンパク質って?

タンパク質は約20種類のアミノ酸で構成されています。その内の9種類は体内で作ることができない為、食品から体内に取り入れる必要があります。
この9種類を必須アミノ酸と呼びます。
そして、必須アミノ酸をたくさん含んだタンパク質が良質タンパク質と呼ばれるのです。

すると当然、良質タンパク質を多く含む食品って何なのさ?と思いますよね。
良質タンパク質を多く含む食品は、肉・魚・大豆製品になります。

その中でも大豆に代表される植物性タンパク質には肉や魚には少ない必須アミノ酸を多く含んでいるので、大豆製品である豆腐や豆乳が身体に良いと言われる理由でもあります。


高ビタミンが必要な理由

タンパク質と共に重要なのがビタミン類です。肝臓の主な働きである代謝には大量のビタミンが必要になるからです。
ビタミンは体内で作られる量がごく微量でしかなく、それだけでは一日に必要な量を全く満たすことができません。また多くのビタミンは身体で作ることができません。なので、必須アミノ酸と同様に食品から摂る必要があります。
その上、体内に長い間蓄えることができないビタミンが多く、定期的に補給する必要があるのも特徴です。


このように、タンパク質は肝臓そのもの、作用に直接関わる成分であり、ビタミンは肝臓が働くために必要なものとして、非常に重要です。

当然、飲酒時だけでなく、日常的にしっかりと補給していくことが大事ですが、飲酒時にはさらに肝臓に負担がかかっている状態ですので、さらに意識的に摂る必要がありますね。
posted by beetle at 15:00 | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼酎の梅割りが二日酔いになりにくい理由

umewari.jpg
http://colocal.jp/topics/food-japan/ienomi/20150712_50864.html

二日酔いにならないお酒があればものすごく売れると思いますが、実際はそんなものはありません。
蒸留酒が良いとか、純度の高いものが良いとか色々二日酔いになりにくいお酒はありますが、いずれも飲みすぎると当然二日酔いになりますね。

もし、あなたが焼酎をよく飲まれるのであったら、梅割りを飲むことをおススメします。


梅干しが二日酔い予防になる理由

梅干しに含まれる成分には、殺菌作用など非常に身体に良い働きがあります。その上、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
その中でもピクリン酸という成分は肝臓を活性化させる働きがあることをご存知でしょうか?

飲み方はすごく簡単!焼酎をお湯か水で割る際に梅干しをひとつ入れるだけです。ちなみに二日酔いの朝に、梅干しを一粒食べるだけでも、二日酔いの解消に繋がります。口の中もさっぱりしますし、色んな意味で効果的ですよ。


深酒をして飲みすぎた後の胃の粘膜は非常に荒れています。時には微量の出血もあるくらいです。
当然、胃腸の動きも悪くなっており、むくんでいます。
そんな状態の胃にあえて食べ物を入れるのならば、当然、刺激が少なく、消化が良いものにするべきです。

例えば、良質なタンパク質が含まれている豆腐や卵は最適です。
二日酔いの朝には豆腐や卵のみそ汁なんかは非常におススメです。
posted by beetle at 09:00 | 二日酔いにならない為に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
最近の記事
カテゴリ
検索
 
タグクラウド
1杯でしじみ70個分のちから 30代 ALDH2 Alp alt ast CM Got GPT LDH γ-GTP γグロブリン おしっこ おつまみ お酒 お酒が弱い お酒に弱くなった お酒に強くなる お酒の付き合い しじみ しじみ習慣 ちゃんぽん つまみ つらい なりやすい みそ汁 むくみ めぐり やらせ アセトアルデヒト アセトアルデヒド アセトアルデヒド脱水素酵素2 アボカド アミノ酸 アルコール アルコールを控える方法 アルコール処理能力 アルコール分解 アルコール分解酵素 アルコール性肝炎 アルコール性肝線維症 アルコール性肝障害 アルコール性脂肪肝 アルコール濃度 アンモニア解毒 アーモンド イノシトール ウコン エキスパート オルニチン カクテル カテコールアミン カフェイン カルシウム ケトン体 ケーキ コーヒー コールドプレスジュース サプリメント ストレス発散 スプライト スルフォラファン タンパク質 タンパク質不足 ダイエット チゲ鍋 チトクロムP450 チーズ ナイアシン ハーブティ ビタミンB群 ビタミンC ビタミンE ビタミンU ビタミン様物質 ピクリン酸 フライドポテト フーゼル油 ベータカロテン ペクチン ポテトチップス マグネシウム ミクロソームエタノール酸化酵素 メチオニン モデル ラーメン レモングラス ロキソニン 予防 事実 二日酔い 二日酔いなし 二日酔いにならない適量 二日酔いを防ぐ方法 二日酔い予防 二日酔い予防・解消 二日酔い解消 二日酔い防止 亜鉛 仕事の付き合い 休肝日 体調不良 作用 価格 便秘 保護 信用できる 倦怠感 健康 健康維持・若返り 健康食品 働き 冷え性 初期症状 副作用 加齢臭 助成金 効く 効果 効果なし 半身浴 原因 吐き気 回復力 基準値 夜のお付き合い 太る 太る原因 女性 嬉しい 守る 尿 市販薬 役者 心配 忘年会 恐怖症 悪循環 悪酔い 成長ホルモン 我慢 抗生物質 抗酸化 接待 昼寝 最安値 朝食 期待 梅割り 楽天 水分 水虫薬 汗をかく 治す 漢方薬 炭水化物 焼酎 牛乳 牡蠣 理由 異常 疲労回復 疲労感 睡眠不足 禁煙 禁酒 禁酒なし 空腹で飲むデメリット 突っ込みどころ 精力 総ビリルビン 締めのラーメン 美容 美容に悪い 翌朝 翌朝スッキリ 肝機能 肝機能改善 肝脂肪 肝臓 肝臓からくる異常のサイン 肝臓に良い果物 肝臓の修復・保護 肝臓の数値 肝臓保護 肝臓復活 肝臓病 脂肪肝 脱水 自然食研 血中アルコール濃度 補修 要注意 解毒 解消 購入 赤ワイン 迎え酒 送料無料 通販 運動 過酸化脂質 遺伝 避けられないお酒 防止 青汁 頭痛 頭痛薬 風邪 食べながら飲むメリット 食道がん 飲む前 飲んだ後 飲酒 飲酒検問 高タンパク 高ビタミン 黄疸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。